千葉市こども若者市役所プロジェクト

千葉市こども若者市役所プロジェクトは、こどもや若者が、まちの課題の解決のために、主体的に活動する取り組みです。高校生や大学生の目線で、市の取り組みや地域の取り組みについて考え、自分たちが「できること」を考え、自ら取り組んでいくことで、高校生や大学生が「まちづくり」に参画していきます。今年度は、ちば産学官連携プラットフォームの参加校を会場に、大学生同士の交流、高校生と大学生の交流機会を持ちながら、活動を展開していきます。


みんなのオンラインスクール!

2020年9月19日(土)と9月27日(日)に「みんなのオンラインスクール」を開催しました。大学生・短大生や高校生が、オンラインを通じて、千葉市内の小学生と一緒に、勉強したり、遊んだり、身体を動かしたり、と、対面ではない難しさを感じながらも、創意工夫しながら取り組んでくれました。


こどもメリクリカフェ

2019年12月21日(土)に千葉経済大学学生ホールにて、「こどもメリクリカフェ」を開催しました。

当日は、学生スタッフも合わせ約150名が参加し、「カップケーキづくり」や「スノードームづくり」を体験したり、クリスマスツリーの飾り付けやビンゴ大会などで、冬休みの1日を楽しみました。

 


これまでのワークショップ

第1期ワークショップ

テーマ「放課後こども教室を充実させてほしい!」

 

内容:小学校の「放課後こども教室」や子どもたちの「居場所」「遊び場」づくりに、学生の皆さんの力を貸してほしい!


第2期ワークショップ

テーマ「交流カフェ(仮)を開きたい!」

 

内容:クリスマスに向けて、若者やこどもが気軽に立ち寄れる「カフェ」をやりたいので、アイディアを出してほしい!