共同研究PFラボで公開研究会を開催しました

ちば産学官連携プラットフォーム共同研究PFラボでは、2019年3月6日(水)に、淑徳大学地域連携センターと共同で、淑徳大学千葉キャンパスにて「EBPM研究セミナー&ワークショップ~マーケティング調査手法の公共政策への活用を中心に~」を開催しました。

【イントロダクション】

 新たな政策研究・分析手法とEBPMの推進について

 淑徳大学コミュニティ政策学部教授 矢尾板俊平 氏

 

【報告】

活用事例の紹介(ランダム化コンジョイント分析を活用した公共施設の再配置問題、コンパクトシティの検証等)

 広島大学大学院国際協力研究科 准教授 後藤大策 氏